ホワイピュアに副作用はある?妊娠中や授乳中でも基本的に大丈夫な理由

ホワイピュアは第3類医薬品であるため、副作用を気になさる方もいらっしゃると思います。

そこで、ホワイピュアの副作用についてまとめました。安全性が気になるならお役に立てるはずです。

ホワイピュアの全成分

  • アスコルビン酸(ビタミンC)…1000mg
  • L-システイン…240mg
  • リボフラビン(ビタミンB2)…6mg
  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)…12mg
  • コハク酸d-α-トコフェロール…(天然型ビタミンE)…50mg

こちらがホワイピュアの成分です。

そのほかに添加物として、トウモロコシデンプン、結晶セルロース、クロスカルメロースナトリウム、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、マクロゴールが含まれています。

ホワイピュアの副作用について

ホワイピュアは第3類医薬品なので比較的副作用のリスクは低いですが、副作用が起こる可能性があります。

発疹、発赤、かゆみ、吐き気、嘔吐、胃部不快感、腹痛、下痢、便秘といった副作用が起こる可能性があります。

副作用の症状が現れた場合は製品の裏面をお医者様、薬剤師の方に見せて相談してください。

ホワイピュアは妊娠中や授乳中でも大丈夫?

ホワイピュアはビタミンを中心とした成分であるため、妊娠・授乳期の栄養補給にもなり、問題ありません。

心配な方はお医者様にご相談されることをおすすめします。

ホワイピュアの注意点

ホワイピュアによる身体への影響

ホワイピュアは尿や大便の検査値に影響を与える可能性があります。そのため、検査を受ける際は医師に伝えてください。

また、尿が黄色くなることがありますが、それはリボフラビンの影響によるものです。

ホワイピュアで注意が必要な方

医師の治療を受けている方、薬でアレルギーを起こしたことがある方は注意が必要です。

私は高血圧の薬を飲んでいるため、お医者様に相談しましたが、ビタミン剤なので問題ないというお話をいただきました。

お薬との飲み合わせもあるかと思いますので、一度お医者様にご相談された方が安全かと思います。

ホワイピュアの添付文書

ホワイピュアの添付文書を探されている方もいらっしゃると思いますので、リンクを乗せておきます。

ホワイピュアの添付文書はこちら

まとめ

ホワイピュアは第3類医薬品であるため、比較的副作用のリスクは低いものの副作用はゼロではありません。

製品の裏面をよく読み心配な方は一度医師に相談の上服用されることをおすすめします。

ホワイピュアの口コミが詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました